スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の更新内容

・用語集魔界編  バレンシア 

 こんばんは、中間発表終わりに飲みに行き絶賛酔っ払い中のラヴィスです。ということで今回の更新も簡単になってしまいました。

 ただブログ開設2周年記念だけはしっかり更新をしますよ!ということで次回の更新は10月1日水曜日です!それでは!

スポンサーサイト

本日の更新内容

・用語集魔界編  ファラ 

どうも、ラヴィスです。来るべき2周年記念SSのために用語集をちょこちょこ追加中です。よくよく見ればまだ増えてたりするんですよね……

中間発表の準備もあって大変な1週間ですが頑張っていきます、はい。それではまた次回の更新で!


シルバートロフィー!

どうも、ラヴィスです。久々のPSO2ネタな気がします、はい。











ランキング2位通知
















先日終わったウィークリーランキングのレアコンテナ開放部門で今回は2位を取りました!

3月には1回1位を取ったので今回は2~5位でもらえるシルバートロフィー獲得を目指してちょっと頑張りました、はい。

ランキングも報酬が拡大されたので今回の2位でもらえた賞品が3月に1位を取った時に貰えた賞品よりも多少豪華だったというね……。またいつか1位を取りに行かないといけませんね……










シルバートロフィー!





これが今回もらえたシルバートロフィーですね。




ゴールドトロフィー





これが3月にもらったゴールドトロフィー。正直ゴールドよりシルバーの方が綺麗で好きですね……

そしてさらに6~10位がもらえるブロンズトロフィーもあるんですよね……ここまで来たら揃えないと……



こんな感じでPSO2も頑張ってますよー!それではまた次回の更新で!



本日の更新内容

・愛用武器 将軍

どうもラヴィスです。2周年記念の準備とあわせてなかなか厳しい今日この頃です。もう毎日ちょくちょくやってくぐらいの気持ちでないと間に合わないかもしれませんね……

ランディ編は今月もう1回くらいしかできないかもしれませんね……。しばらくは簡単な更新になりそうです、はい。

それではまた次回の更新で!

不定期開催ミニコーナー ~SS(ショートショート編)~神を支える“神”(後編)Part1

「B289-83、ハーファ・ガルブ遺跡群出撃のランディさんより救援要請。SS‐3ランクの超弩級魔界岩窟生命体アルド・カブダの急襲を受けたとのことです。出撃可能な方は至急救援に向かってください」

 シュヴァレスク王城玉座の間にこの緊急依頼が舞い込んできたのはまだ朝の8時頃であった。まだまだ朝早い時間ではあったものの既にこの場にはラヴィスとネレイスが揃っており、さらには1時間ほど前にルミナスが依頼で出撃しており既に主力3名は活動を開始していた。

「……ここは確か昨日も別のヤツを片付けたばかりだったよな……追調査の依頼中に奇襲を受けたということか」

「救援に行きたいのはやまやまだけどこれだけの量の依頼があるからなぁ……」

 この地点では昨日も遺跡の調査隊から救援要請があり、S-4ランクのグランドゴーレムを撃破したばかりであった。そのため調査隊から引き続き護衛の依頼が出されており、護衛目的であったことからランディとミディアが引き受けていた。これにより他に出されていた通常の依頼のほとんどはラヴィスたちによせられており、すぐに救援に向かえるような状態ではなかった。

「ランディとミディアとはいえSSランクの魔界種相手は分が悪い」

「ミディアさんがどこまでもつかが勝負だね……」

「……1~2時間が限度だろうな」

「それまでにこの数の依頼を片付ける……かぁ」

 そこに転送装置からルミナスがやってきた。

「ラヴィス様、救援依頼ですか?」

「ああ、相手はゴーレム系で魔法攻撃が有効だ。恐らくお前の活躍が重要になる」

「しかしそれ以外にも依頼は山積みです……」

 ルミナスが端末を操作すると通常の依頼が9件来ており、依頼は以上の討伐であった。

・B-5 草原の狼 グラスウルフ (原生・獣・地)
・B-3 凶暴化原生種 フロストラビット (原生・獣・氷)
・B-3 彷徨えし悪霊 ポルターガイスト (不死・霊・闇)
・B-1 岩窟核 アースエレメント (魔法生物・エレメント・地)
・A-4 砂浜の巨螯 ザントシュトラント (水棲・甲殻・水)
・A-2 岩場の群蟻 パンツァーアーマイゼ (昆虫・地)
・A-1 擬態真珠 ライアーパール (水棲・甲殻・水)
・S-5 炎燐の毒蛾 シンティラ・ファルファッラ (昆虫・飛行・炎)
・S-3 量産型魔界人形 ジャスミンType:T (不死・闇) 

「3人だから3つづつやればいいのかな?」

「いや、できるだけ早く救援はしてやった方がいいだろうからお前は全力で飛行系の毒蛾を潰してくれ。残りの8つを我とルミナスが4:4で相手をする。ルミナス、行けるな?」

「はい、今日は万全ですから大丈夫ですよ!」

「じゃああたしはパッと行ってパッと片付けてパッと救援してくるよ~♪」

 まずいつでも準備万端のネレイスが出撃をしていった。それを見送った後ラヴィスはさらに残った依頼ラヴィスとルミナスそれぞれが有利に立ち回りやすいよう2つに分けていった。その結果ラヴィスが狼、兎、蟹、真珠を、ルミナスは悪霊、エレメント、蟻、人形を担当することとなった。

「ではラヴィス様、行ってきます!」

 続いてルミナスが出撃していった。少し遅れてラヴィスも準備を整え出撃していった。





「絶対守護障壁っ!!」

 迫り来る自分の体の2~3倍はする巨大な岩の拳をミディアは前方に突き出した身長ほどの大きさの立派な大盾で後ずさりすることなく食い止めた。同時に発生する強烈な風圧にも一切揺れることはない。そして大盾に防がれた岩の拳は砂煙をあげながら戻されていった。

「まだまだいけますよ……!」

「……ミディア、そろそろ向こうも分かってきているはずだ、いつもと違う動きには注意してくれよ……」

「……すみませんランディさん、初撃の反応遅れて……」

「いや、僕も見落とすくらいの奇襲だったんだ……あれは仕方ないよ……」

 ミディアの後ろ、崩れた遺跡の影にランディと調査隊の面々は姿を隠していた。このうちランディは全身ボロボロで体のあちこちには擦り傷が多く見られた。というのも調査隊を守るように前方をミディア、後方をランディがついていたところ急に右側の遺跡の一部がゴーレムへと変形、巨大な拳を振り抜いてきたのであった。急襲されたもののミディアは調査隊を守るように大盾を構えなんとか拳による攻撃は食い止められたものの、大盾とミディアの影から外れていたランディは振り抜かれた拳により発生した風圧で地面を転がるように吹き飛ばされ遺跡の壁に叩きつけられてしまったのだった。

「……ミディア、来るよ!」

「……止めます……!」

 ゴーレムは再びその巨大な拳を振り回しミディアを押しつぶそうとしてきた。それに対しミディアは再び拳の真正面に立ち大盾を構えた。風圧で砂埃が舞いミディアの姿はかき消されたが、砂埃が晴れた後もミディアは軽々と拳を受け止めていた。

「まだまだ防げますよ……!」

 まだまだ余裕そうなミディアは拳を撥ね退けるように盾を突き出した。

「ミディア……あくまでも君は防ぐだけだ……しばらくすればラヴィスたちが来る……それまであまり無駄に体力を使っちゃいけないよ……」

「は……はい!」

 その後もしばらくミディアはゴーレムの攻撃を防ぎ続けていった。





「……うわぁ……これは酷い……」

 毒蛾の討伐にやってきたネレイスの目の前に広がったのは燃え盛る木々であった。炎燐の毒蛾と呼ばれるだけあり既に振りまかれた燃え盛る鱗粉によってかなりの被害が出てしまっているようだ。ネレイスはすぐに水の精霊エメローネを呼び出した。

「エメローネ!」

「ネレイス様、これは一体……!?」

「……毒蛾の一種が火属性に変異したんだと思う。あたしは毒蛾の本体を叩くからエメローネは水の精霊たちを指揮して鎮火にあたってもらえる?」

「かしこまりました……」

 エメローネは次々と水の精霊を呼び出していく。呼び出したのは多種多様な姿と能力の水の精霊たち。それにエメローネは的確に配置と指示を出すと精霊たちは散開していき消火活動を始めた。

「……で、問題の毒蛾は……と」

 ネレイスは空へと飛び立ち上空から毒蛾の姿を探した。一面燃え盛る木々が広がり点々とした水の精霊たちが懸命の消火活動をしているのが確認できた。最初の内は炎のせいではっきりとは見えなかったが、火の勢いが衰えていくにつれて次第に燃え盛る翅から火の粉を振りまく蛾の姿が確認できた。ネレイスはすぐに接近しボウガンを一発放った。しかし毒蛾もネレイスの姿に気付いておりボウガンを熱風であっさりと吹き飛ばした。さらにその熱風はネレイスを襲う。

「わちちちちちちっ!!……あっつぅ……」

 熱風をまともに浴びたネレイスは慌ててその場を転げまわった。火の粉で服の一部と髪の毛が少し焦げてしまったようだ。それを見たエメローネが慌てて駆け寄ってくる。

「大丈夫ですか!?ネレイス様」

「大丈夫大丈夫……でも風で矢は飛ばされちゃうし炎を何とかしないと近づくことも難しそうだなぁ…」

「水の加護でなんとかなりませんか?」

「……んー、あ、そうか」

「ネレイス様?」

「とりあえずみんなに鎮火を優先させて、そしたら一斉放水をお願い」

「……分かりました」

 エメローネは水の精霊たちにまた指示を出すと自身も毒蛾周辺に広がる火を消していく。水しぶきが上がりその一部が毒蛾にも当たると嫌がるように暴れまた火の粉を振りまいていく。やはり水を使った攻撃は効くようだ。

「……ほら、しばらく相手をしてあげるよ!」

 ネレイスはそう言うと2本のレイピアを抜き毒蛾の周りを哨戒飛行し始めた。





 どうも、SSランディ編後編を小分けにして出すことにしました。これによってちょっとずつ更新していけるようになりましたね(最初の時のミント王女シリーズでこれやってたんですけどね……)

 恐らく後2回ほどで終わらせられると思います、はい。手早く終わらせて次に行きたいですね……それでは!
プロフィール

ラヴィス

Author:ラヴィス
パソコン使えないくせにブログに手を出した愚か者。
……温かい目で見てもらえるとうれしいです。

毎週月曜に大小の違いはあれど更新中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。